一生、歯医者に行かずに死ねたらいいのに

歯医者……行きたくないですよね。痛そうだし、怖いし。歯科機械が出すあの音を聞くだけで嫌だ、という人も多いのではないでしょうか。できれば一生、歯医者に行かずに死ねたらいいのに、と思いますね。

縮合リン酸アルミ | 製品紹介 | テイカ株式会社

実際にそれが良いことかどうかは別にして、歯医者に行かないようにするには、乳幼児の頃からの充分な予防対策が必要になります。いや、親御さんの心構えから言えば、妊娠中から良い食事や生活習慣を心がけて、良い歯の赤ちゃんを産むことから始まります。乳幼児期も、正しい歯磨きやシュガーコントロールなど、親の主導でケアを怠らなければ、虫歯にならずに済みます。

Recaldent™ An important ingredient for strong teeth. Dental health remineralize tooth enamel dentin calcium phosphate CPP-ACP milk casein demineralize plaque decay caries dentist teeth

学齢期に入るとだんだん自分でケアをしていかなければならなくなりますが、ブラッシングが不充分でないか、ダラダラと甘いものを食べていないかなど、親も注意をして子どもが虫歯にならないよう、支援する必要があります。成人になって親の保護を離れても、虫歯や歯周病が無いからといって油断せずに、毎日のケアを続けていく。こうすれば歯医者に治療に行くことはほとんどなくなるかもしれません。

仙台 歯医者を見る

ただ実は歯医者には、よく通うほうが歯の健康には良いのです。ただし、それは治療としてではなく定期検診として。歯は、虫歯や歯周病が進行していても初期段階ではなかなか気づきません。でも、痛みの無い初期段階で異常を発見できれば、痛い思いをせずに治すことができるのです。歯医者に行きたくないのは、痛くて怖い思いをしたくないから。ですから逆に、定期的に検診を受けに歯医者に行って、一生ほとんど痛くないまま死ねるほうが良くはないですか?